産婦人科で元気なベイビーを|葉酸サプリで臨月も乗り切っCIAO

看護師

体重増加を防ぐために

妊婦

女性は妊娠して臨月に差し掛かると、一気に体重が増えてしまいます。それにはいくつかの原因が考えられます。まず、体のむくみが原因である場合があります。むくみの主な原因は、体内の水分量が大幅に増え、さらに下半身が圧迫されるためです。女性は妊娠すると、胎内の赤ちゃんに栄養を送る働きが機能し、自然と母体の水分量が増えていきます。また、赤ちゃんが成長し大きくなるにつれて必然的に下半身が圧迫され、血流が悪くなってしまいます。この2つの大きな原因があるため、どうしても体重が増えてしまうのです。他にも、食べ過ぎや運動不足の影響で体重が増加するという原因である場合もあります。臨月に入ると動きづらくなり、どうしても普段と同じような動きが取れなくなります。そのため運動不足となり、消費カロリーが減少してしまうのです。また、赤ちゃんの成長と共に胃が下がっていき、食べ物が入るスペースが拡大します。その結果摂取カロリーが増え、体重増加に繋がってしまうのです。臨月の時期の体重増加を防ぐには、自分の意識の持ちようが最も重要となります。体の変化はどうしようもないことなので、食事の量の調整やこまめな運動などを意識しましょう。野菜を先に食べたり汁物の量を増やしたりと、食事の順番や内容なども併せて意識するとさらに効果的です。

臨月の体重増加は、妊婦であれば誰にでも起こりうることです。だから、生理的なものとして割り切ることも大事なのです。ただ、そう割り切って暴飲暴食をしたり一切運動をせずにいたりすると、大幅に体重が増えてしまいます。妊婦向けのストレッチを取り入れたり、無理のない範囲で散歩をしたりと、こまめに運動するようにしましょう。